仮想化前提のシステムマイグレーション

システムマイグレーションはハードウエア、ソフトウエア双方を更新するケースが多いですが、最近増えているのがソフトウエアはそのまま、ハードウエアのみを更新するケースです。
ハードウエアのみを更新する理由としては予算、アプリケーションが特殊でありながら対応するOSが少ないなどです。

システムマイグレーションのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

予算については仕方ない部分が多いですが、ソフトウエアについては機能が限定されており、更新しなくても良いと判断されるケースが当てはまります。

しかし、特にWindows向けのアプリケーションの場合、OSのサポート期間が終了してしまうケースも多くアプリケーションの更新が必須と考えられてきました。
しかし、仮想化技術が発達し、ほぼオーバヘッド無しでOSを稼働できるようになったことからOSのバージョンアップをせずにソフトウエアを使い続ける企業も増えています。

システムマイグレーションでは仮想化を率先して利用するケースが増えています。



仮想化することでハードウエアとの直接的な関係がなくなり、どのハードウエアでも仮想化OSが動けば良い状態が作れます。

そのため、ハードウエアを更新し続けることでソフトウエアを使い続けられるメリットがあり、また、ライブマイグレーションを利用するシステムマイグレーションであればシステムを停止することなく作業が行えます。

エキサイトニュースに興味ある方、必見です。

仮想化を利用するシステムマイグレーションは古いOSやシステムを最新のハードウエアで稼働させられるメリットがあります。