クラウドマイグレーションのメリットデメリット

クラウドマイグレーションは結局のところ、サーバを会社の内部から外部に移す、ということになります。
すると、そのサーバを提供するサービス業者が管理・運用に関して請け負うところも出てくるために、サーバが会社の内部にあるときよりも、サーバ管理・運用のための人件費などといったコストがかからずにすみます。

また、会社が自然災害や火災などの物理的なトラブルに見舞われたときに、巻き添えになってサーバ内のデータに被害が出るといったリスクを減らすことができます。

このようなメリットのあるクラウドマイグレーションですが、もちろんデメリットもあります。



それが、セキュリティに関するデジタル的な危険性が増えることです。

クラウドにサーバを置くということは、少なからず外部のネットワークにつなぐことになるという危険性を孕んでいます。

最先端のlivedoorニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

会社の内部でサーバを持っているのなら、物理的に外部ネットワークから遮断することもできるのでしょうが、クラウドマイグレーションを行うと、それも難しくなります。

すごく便利なクラウドマイグレーションの情報ならこちらを参考にしてください。

このため、銀行などの特にセキュリティに注意しなければならない業種の場合は、自社内にサーバを持ち、それを信用のできるやり方で保全しておくほうがよいのかもしれません。

また、そういった会社でなかったとしても、サーバを提供してサービスを行う業者がどのようなセキュリティ対策を施しているか、また、クライアント側はどのようにセキュリティ対策をするか、そういったことを確認し、デメリットを補っておくのが良いでしょう。